ルパン三世 パチンコ マモー ボーダー

ルパン三世 パチンコ マモー ボーダー

彼女が落ち着くまでは……」「わかってますよ

インフェル、悪いけどしばらくそのままテテュラを守ってね」「わかりました

まあ、この娘の中は居心地がいいので構いませんよ」 ほとんどが魔石のままの身体だからだろうか、魔力の流れがいいのだろう

あなたも好きかも:ビデオポーカー 攻略
 それを考えれば、こちらから魔力を与える必要もなくなりそうだ

「リリィ、インフェルちゃん、ありがとう」 ぺこりとアイシアが深々とお辞儀した

「お礼なんていいよ

私だってテテュラの友達なんだから……」「その、ちゃんというのは何だ人間

あなたも好きかも:リオスパ スロット
前もそうだったな」「え〜? 可愛いと思うけど〜?」「冗談ですよね? 主人(マスター)……」 テテュラの魔石化についてはまだまだ解決の糸口はないけれど、人として生きていける希望の道に繋がった

 今はそんな小さな一歩でも歓喜したい

 孤独を生きる一人の少女が、かけがえのない友を得て、罪を知り、生きていくことを改めて考える時間を得た物語はこうして幕を閉じた――

 ***「――いやぁー、まさか助け出しちゃうとはねぇ〜」 リリア達からは気付かれない場所から、歓喜に湧く光景を眺めるクルシアの表情は実に楽しそうだ

「ふふ、これはドクターに良い土産話ができたなぁ」 クルシアは転移石を手に取ると、砕きながら呟く