ビック スモール ン チロ

ビック スモール ン チロ

家の財産としてというのは少し嫌な言い方かもしれないが、土御門という一つの組織からすれば二人の将来を考えた教育方法であるというのは十分に理解できる

「正直に言えば、あなた方の教育方法に関して私からどうこう言うことはできません

あなたたちは土御門の魔術師です

あなたも好きかも:ブラックラグーン2 パチンコ 甘
部外者が口を出すことでもありませんから」どうしたらいいか、その答えは訓練すること

だがその訓練の内容に関して真理が何か言うつもりはなかった

真理のいう通り部外者が口を出すような事ではないのだ

文のように互いにそれを望み、納得しているのであれば協力もできたのだろう

だが土御門の家が部外者の特訓を受け入れるとは思えなかった

良くも悪くも古い家というのは体裁や面子というものにこだわりを持つものなのだ

「でも姉さん、意地悪しないである程度手ほどきをしてやるくらいならいいんじゃないんですか?魔術なしの肉弾戦っていう形ならただの子供の喧嘩みたいなもんですし」さすがに突き放すだけというのはかわいそうというものだ

向上心がありながら自らがどのように努力すればいいのかもわからないというのはなかなかにもどかしいものである

あなたも好きかも:オンラインゲーム スマホ 対戦
「ですが手ほどきと言っても私たちが地元に帰るまでのわずかな時間ですよ?」「いいじゃないですか

きっかけ程度にはなるかもしれませんよ?どうしたらいいかがわかれば、あとは自分なりに指導者を探すなりできるでしょ」土御門の家は大きい

その中に所属している魔術師の数もかなりのものだ