スロット コードギアス cc 終了画面

スロット コードギアス cc 終了画面

「姫自身の力もそうですが、あれは何ですか・・・・・・恐らくお主様の力も混ざっておる

おかげで、今のところは問題ないようですな」「私の力・・・・・・ですか」 考助を見ながらそう言って来たゼネットに、首を傾げながら考助は目を閉じた

 もしシュレインが加護の力を使っているのであれば、それがどんなものであれ考助には感じ取ることが出来る

 リリカとピーチが力を発現して以来、そういう事も出来るようになっていた

あなたも好きかも:パチンコ いちご
「確かに使われているようですが・・・・・・何だろう? ・・・・・・何かを縛るような・・・・・・・?」 よくわからない力に、考助は疑問を口にした

 それを聞いた長が、驚きを顔に表した

「それがお分かりになるのですか?」「わかると言うか・・・・・・感覚的なもの?」「それだけでも十分です

何しろ我々でもこの力を感じ取れる者が居なくなって久しいですからな」 そういうゼネットも知識として知っているだけで、実際にその力を感じ取ることは出来ないという事だった

「大丈夫なのかな、これ?」「縛ると言っても、契約の事ですからな

あなたも好きかも:あの花 パチンコ ひどい
お二人はそもそも既に血の契約を結んでいるのでしょう?」 考助は、言われてようやくそのことを思い出した

 一番最初、ミツキがシュレインを呼び出した際に、そんな契約を結んでいたなあ、と

「今から行う儀式は、それのさらに強化した物といいますか、契約の中身は変えずに、結びつきを強くしたものですな」 より力の強い契約を結ぶことによって、術者の力を飛躍的に高めることが出来るという事だった

あなたも好きかも:コード ギアス パチンコ 先読み 熱
 まさしく、今のシュレインが欲している力そのものなのだ

「・・・・・・そろそろですかな」 そんな話をゼネットとしていると、いよいよ準備が整ったらしい

 シュレイン以外に言葉を発する者はいなくなり、静まり返った部屋の中で唯一シュレインの声だけが響いていた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 結論から言えば、シュレインが行った儀式は成功した

 流石に儀式を終えたシュレインはフラフラになっていたが、これは大きな儀式を行ったためだ

 むしろヴァミリニア一族に言わせれば、この程度で済んでいることが信じられない話なのだ