駐車場 パチンコ屋

駐車場 パチンコ屋

読み手は「この先どんな展開が待ち受けているのだろうか」とワクワクしながらページをめくる手を速めてくれます

なんでも壊せばいいというものでもない 予定調和を壊して「驚き」を与えられれば読み手が食いついてくる、ということはわかりました

ですが「なんでも壊せばいい」というものでもないのです

 まず予定調和の材料を完全に無視してすべてを壊してしまわないようにしてください

これをやってしまうと「書き手によるご都合主義」が前面に出てしまい、現実味(リアリティー)がなくなってしまいます

 物事はつねに原因があるから結果が出るのです

結果には必ず原因があるとも言えます

あなたも好きかも:パチンコ 年間 平均
 つまり予定調和の材料(前提条件)のうちいくつかを原因にして結果へ結びつけるのです

 まったく脈絡のない結果が出てくることなどありえません

 予定調和を壊すときは、材料のいくつかたとえばひとつか二つを採用したうえで、残りを壊します

あなたも好きかも:汐入 パチンコ
七億円を手に入れるには ジャンボ宝くじを一枚も買っていないのに「一等前後賞合わせて七億円が当たる」ことなどありえません

 七億円が当たるためには最低でも連番三枚のジャンボ宝くじを購入する必要があります

 物語の進行上どうしても七億円が当たらなければならない

そのような状況であれば、ジャンボ宝くじ・BIG・ロト7などを購入して予定調和の材料にしておくべきです

 もちろんそのすべてが当たってしまうと七億円を遥かに超える当選金が手に入ってしまいます

それでは現実味がないのでそのうちの一つであるジャンボ宝くじが当たるにとどめましょう

 ですがジャンボ宝くじ一等の当選確率は三千万分の一です

小説の展開のためにこのきわめて低い確率を拠り所にするのはいささか心許ない

 では七億円を手に入れるためにはどのような予定調和が必要でしょうか