パチンコ 天龍 音量調整

パチンコ 天龍 音量調整

あなたも好きかも:スロット 物語シリーズ セカンドシーズン 打ち方
青い空、白い雲、そして隣を飛んでいくカモメのような鳥

 いや、よく見れば鳥ではない

 どちらかと言えば色が白いだけの翼の生えたトカゲである

 こんな生物もいるんだなと、男は感心しながら見ていた

 春の空は意外と冷たい

あなたも好きかも:ルーレットマシン
 叩きつけるような突風が正面からぶち当たる

あなたも好きかも:スロット 検定 回転数
 その度に凍えそうになるほど冷たい風が体中の服の隙間を縫って肌を撫でた

 障害物が全くないので、その突風は強烈だった

 服がバタバタと靡いている

 そしてどうしようもないこの状況に涙があふれ、その水滴は上へと昇っていく

「どうして!! どうしてこうなったんだああああああ!!!!」 悲痛な叫びも風の音で掻き消える

 声を発している自分だけしか聞こえていないのではないだろうか

 そもそも自分以外に声を聞いてくれる人など、ここにはいない

 何故ならば、彼は今現在落下中であったからだ

 上空数百メートルから何故か落下している

 その理由は自分でも分からない