エヴァ 決意の刻 打ち方

エヴァ 決意の刻 打ち方

 毒の有無、というのも警戒烏の危険に含む

つまり毒に限らず警戒烏に害をなす危険のある物、であればそれに警戒音をあげるということだ

害をなすといっても、単純に置かれている刃物とかでは反応しない

毒や麻痺、眠りを引き起こす物質などでは反応する

あなたも好きかも:パチンコ 福井
この警戒音は警戒烏のみの危険に限らない、というのは森が対象の場合で話したが、もしこれが主に対するものも含むとするならば、警戒烏の持つ危険の判定要素はかなり大きなことになる

「これは?」「カアッ!」「これは?」「カアッ!」「これは?」「クォアッ!」 公也はいろいろな物を見つけ、それを警戒烏に見せ、それが危険な物かどうかを判別する

結局暴食を食らい判別できるのだから必要はないのだが、警戒烏の持つ特徴というものを面白く感じたのか、警戒烏に見せて判定して遊んでいる

警戒烏と公也の関係はそれなりに悪いものではなかった

警戒烏にとっては怪我の回復の間頼る必要があるし、他の危険から守ってくれるという点ではいい庇護者である

公也は警戒烏という存在、その能力の詳しい内容を知ることができて面白く感じる

あなたも好きかも:パチスロ 叛逆の物語
ペットというものを育てることに癒しを感じるということはないが、その存在から得られる知識という点では面白く感じた

あなたも好きかも:ビスティ パチンコ 一覧
そういうこともあり、悪い関係ではなく、問題なく一人と一匹は森で過ごしていた

まあ、改めて公也はそろそろ街に行こうか……とか思い出しているが

 そんな折、公也は森の中で人間に出会う

「お? 珍しいな