バイオハザード7 スロット p-world

バイオハザード7 スロット p-world

「まあ、どうでも良いか

……どうせ当たらねェし」 少し考えたシャバハは面倒だと思考全てを一蹴《いっしゅう》し、何もする事無く止まっている

 勿論斬撃はシャバハに当らず、建物を両断しながら飛んで行った

あなたも好きかも:パチンコ エコーズ
今回はシャバハを狙ったように見えたが、また当たらなかったらしい

 シャバハ余計に避ける事で避けた先に当たるよう仕向けたのかもしれないが、粗の多い闇雲な太刀筋は当たらない

「オイオイ? 何か考えているかとも思っていたが……本気《マジ》で適当に振っただけかァ……?」 半ば呆れてレイに言うシャバハ

あなたも好きかも:シムシティ ゲーム機
何かの考えがあって闇雲に剣を振るっていたと推測していたシャバハだが、あまりの粗っぽさにその可能性は無いと思い始めていたのだ

レイはそんなシャバハを無視し、シャバハとの距離を詰める

あなたも好きかも:エヴァンゲリオン パチンコ 135
「無視……か

……やっぱ何か考えているのか……? 面倒だな……さっさと終わらせるか?」 シャバハへ向かうレイ

シャバハはそんなレイに向けて禍々しい渦を放つ

 これはネクロマンサーが扱う呪術の一種だ

その渦に巻き込まれた場合、恐らく身体にあらゆる不調をきたすだろう

最悪死に至る筈である

「……!」 レイはその渦を避け、空気を切り裂き、吸い込まれないように気を付けながらシャバハへ向かう

「やあッ!」 そして再びシャバハへ向けて剣を横に薙ぎ、森を断つ斬撃を浴びせる

 しかしすり抜ける

そうこうしているうちにレイとシャバハは数メートル程まで距離が縮まっていた