カジノ ビンゴ

カジノ ビンゴ

彼は顔をあげると、真っ直ぐにイスラの金色の瞳を見据えた

「でも、サラはあの時……あいつに取り込まれる前、確かに助けてって言ったんです!!」 悪魔の紋章《シジル》が現れ、無数の黒い腕にサラが包み込まれた時、振り返った彼女の表情をトビアは決して忘れないだろう

あなたも好きかも:倖田來未 4 パチンコ 曲
今までの冷徹な言動や、無感動な眼差しが嘘のように、その表情は脆く儚げだった

恐怖に歪んだ青紫の瞳が焼き付いて離れない

「サラだって、本当はあんな力を持ちたく無かったんだ……それで、あんな化け物に呑み込まれて……サラをあのままにしておくなんて、僕には出来ないッ!!」 右腕は垂れ下がったまま

あなたも好きかも:タミヤ スロット レーシング カー
全身打撲や火傷だらけで、体力の消耗から風術の使用もおぼつかない

それでもトビアは諦めていなかった

こんなところで、今まで追いかけてきたものを投げ捨てるつもりなど、さらさらなかった

 イスラはただ、「そうか」とだけ答えた

 そして明星《ルシフェル》を地面に突き立てると、おもむろにトビアの右肩を掴んで押し上げた

あなたも好きかも:パチスロ 餃子の王将
 あまりに唐突過ぎて、トビアは一瞬放心状態に陥ってしまった

だが、彼を現実へと引き戻すかのように、直後猛烈な痛みが襲い掛かってきた

コキッ、という滑稽な音とともに、右腕の骨があるべき場所へと収まった

「よぉし、気絶しなかったな」 涙目のままイスラを見ると、彼は明星を引き抜きつつ意地の悪そうな表情を浮かべていた

「っ……! これくらい、なんてことないです!」「その活きだ

ちょうど、奴さんも立ち直ったみたいだしな」 見ると、魔神もまた、身体のあちこちに出来た傷を修復し終えたところだった