ジャギ ぱちんこ

ジャギ ぱちんこ

黙って身を任せる

シズカ姫は、岩山の斜面を俺たちを抱えたまま垂直で駆け上がっていく

虹色の両目は光ったままだ

あなたも好きかも:gaga パチンコ
因果律を読みながら、最短ルートを探っているのだろう

三分も経たないうちに、シズカ姫はポツリと「ついた」と呟いて、俺たちを周囲が高い岩山に囲まれた秘境と呼んでも良いような、綺麗な小川や緑が溢れる場所へとおろした

山が風雨を避けているようで、雨もそれほど降り込んでいない

「ここなのか?」見回しても、巨竜らしき存在は居ない

あなたも好きかも:創世のアクエリオン パチンコ
代わりに、遠くに低い塀に囲まれた屋敷が見える

「ここだと思う

ここで、セイさんが大きな龍に食べられる未来が見えた」「えっ、大丈夫なのか……」「多分、もう回避したと思う

その未来は入り方が もっと悪かったから」「そ、そうか」シズカ姫にしか分からない、未来の分岐がなんだろうなとと思いつつ、フラフラとしつつも、辺りを見回しているセイの手を引っ張って「あの屋敷に行けばいいよな?」「うん

あなたも好きかも:パチスロ アレジン 解析
だと思う

危険は今のところなさそうだし、因果律は閉じておくね

 普段、無暗に開くと、私の消耗が激しいんだ」シズカ姫は前髪で、両目を隠して光も同時に消えた

「俺と戦ってるときは、ずっと開いてたの?」「うん

楽しかったから、疲れも感じなかったよ