スロット 零 ナイトメア

スロット 零 ナイトメア

例えば…………巨人が指で摘んでへし折った……とか

いやいや……「ってことは……もっともっと古い文明が……? えっと…………ここって今どのくらいなんだ……? 石器時代……? だぁあもう! こんな所でまで……」 ちくしょう! 学が無いって困ったもんだよ! 僕の知る歴史上、あの村の人達の生活はかなり原始的だ

魚を捕る、作物を育てる

あなたも好きかも:クレヨンしんちゃん パチンコ
山に狩りに来ることが殆ど無いのは、きっとここに食べ物になりそうな獣が見当たらないから……なんだろうか

それとも……山の生き物を食べ尽くしてしまったから、仕方なく海へ……?「ミラちゃん、こういうのはあり得るかな? ここにいたのはあの村のご先祖様で、その人達の時代に山の獣を食べ尽くしてしまって……」「あり得なくは無い話かもしれませんが……ネズミの一匹さえいなくなるまでここで暮らしていたとしたら、もっともっと広い範囲で伐採が行われているでしょうか

あなたも好きかも:スロット 絆 朧 月
ここに集落を設けたならばいくらなんでも手狭ですし

木材を集めてよそに村を作っていたなら、もっと広い範囲で……それこそ村の近くで集めるでしょうから

あなたも好きかも:ソウル カジノ 年齢
獣が駆逐される程大きな集落にしては痕跡が少なく、ここに見えている情報から推察出来る小さな集団だったのであれば他の問題と噛み合いません」 だったら……なんだろう

木が切り倒されているのは、およそ数百……数十…………何千メートル…………ええい! 広さを言い表わせる程普段から数字に触れてはいないんじゃい! 大体小学校のグラウンドくらい

えっと……あれって…………百メートル走の為の直線があって……と、とにかく! 狭いのだ、ここに人が住んでいたにしては

「……? ミラちゃん、この切り株さ……」「どうしましたか…………これは……うーん?」 ミラが鼻をすんすんさせながら奥へ奥へと突き進む中、僕は別の方向を調べていた

すると……なにやら不思議なものというか、変な…………うん

変な状況がここで起きていた痕跡を見つけた

それは、ひっくり返された切り株だった

「……根が繋がったまま、どういうわけか掘り返されてますね

目的があってそうしたのか、たまたまそうなったのか分かりませんが…………普通に木を切っていたのでは起こり得ない状況です」「だよね……うむむ