パチンコ セイントセイヤ ミドル

パチンコ セイントセイヤ ミドル

拒否権はない

あなたも好きかも:アイマリン パチンコ ボーダー
いいな?」「・・・好きにしろ」もしかしたら逃げる隙ができるかもしれないとこの男は考えているようだが、そんな間抜けをやらかすほど康太は甘くはない

あなたも好きかも:スロット プレミア
椅子の隙間からウィルを流し込み、男の体を完全に拘束するのを確認したところで康太は椅子の拘束具を外し、ウィルに移動させる形で向井と一緒に部屋を出る

あなたも好きかも:カジノ 大当たり 日本 人
全く動けないのに移動しているという事実に、逃げる隙はないようだなと向井はあきらめたようだった

康太が支部長室までやってきてその中に入ると先ほどまで康太たちと話していた支部長はほかの魔術師に指示を出しているところだった

康太はウィルに頼んで向井に耳栓をさせると軽く支部長に会釈する

どのような指示があるのかはさておき、それらをこの男に聞かせるのは得策ではないと感じたのだ

もし暴れだしたら面倒なことになりかねない

いくら支部長が実力があるとはいえそんな男を連れてきた康太にまで責任が行きかねないのだ

「以上だ、それぞれ気を付けるように・・・すまない、ブライトビー

用件は・・・その男の関係だね?しかもちょっと面倒な部類かな?」指示を与えていた魔術師が退室したのを見計らって、支部長はその視線を康太のほうに向ける

康太とウィルに拘束された状態の魔術師向井を見た段階ですでにこの男について話があるということに関しては想像がついたのだろう