スロット 男塾 天井

スロット 男塾 天井

「それなのに、まだリーエンベルクに置かれているのですか?私物だったのであれば、持ち主のご家族の方とかは…」「前のウィーム領主は、諸事情から血族全てがお亡くなりになっておりまして」「…………なんと」それだけでもうネアは絶句したが、使用人も含めてほぼ全滅の有り様だったと補足される

あなたも好きかも:スポーツベッド
さすがにそれはキルト絡みではなさそうなので、諸事情とやらを聞いてみようとしたら、エーダリアが魔物の方をちらりと見て目配せしたのでやめておいた

嫌な予感がしたのだ

「とは言え立派な品物ですし、引き取りたいという申し出も多かったのですが、何度手離しても戻ってきてしまうので、ここが気に入っているようですね」「お前は、くれぐれも触るなよ」「エーダリア様、失礼ですよ!」「普段から水が出ているんだね」「…………なに?」ふと、ディノがそんなことを言い、エーダリアが声を上げて振り返るのと同時に、全員の視線がキルトに集中した

よく見るまでもなく、かなりの量の水がキルトの一角から溢れ出している

だが不思議なことに、下の絨毯は濡れていなかった

「………すごいですね、中に蛇口が潜んでいるような水量です」「ヒルド、結界の補填は?」「問題ありません

こういう時こそ、水竜がいれば良かったのですが」青い青い水を見ながら、身体の位置が低い銀狐を抱き上げようとしたネアは、そのお蔭でとんでもないものを見てしまった

「き、狐さん?!」ネアの悲鳴に、エーダリアとヒルドも再びこちらに視線を戻す

あなたも好きかも:パチンコ 起業
ばしゃばしゃと水が出てくるのが不思議だったのか、銀狐がその部分を前足でちょいっと触っていたのだ

ネアが声を上げたので首を傾げて振り向き、そして、きゅぽんと吸い込まれてしまった

「ディノ、狐さんが!!」「吸い込まれたぞ?!」「………やれやれ、困りましたね」慌てるネアに腕を引っ張られ、ディノはキルトを覗き込んで首を傾げる