京成立石 駅前 パチンコ

京成立石 駅前 パチンコ

 先程魔王(元)が言っていた、"気配が『少ない』"の事についてだ

 その気配の一つはこの女性剣士のレイということは分かるが、それならば気配は一つと言うべきではないのか? と

あなたも好きかも:海外 カジノ 大金
 何故魔王(元)はわざわざ、気配が"少ない"という表現を用《もち》いたのか気に掛かったのだ

 そんなことを考えていると、レイが手を差し伸べて言う

「そうか、ならばどうだ

本気ではないとはいえ、私の剣を避けるほどの才能を秘めた貴方……お前

実力はあるみたいだが、まだ子供だ

私の年齢から三、四歳くらい年下だろう

あなたも好きかも:銃 ルーレット
だったら共に旅をしないか?」 レイは、ライの実力を認めた上で旅へと誘う

それは優しさからか分からないが、子供のライが此処に居る事に対して心配してくれているのだろう

 そんな手を見たライは浮かんだ疑問を置き、暫《しば》し考える

(うーん

どうするべきか……)【何だ? 良いじゃねえか

中々の美人だしよ、この女、俺の予想が正しければ凄い実力を秘めているぞ?】 そんなレイの魔王(元)は賛成する

 魔王(元)が実力を認めるということは本当に強いのだろう

 そしてレイは、俗にいう美少女の枠に当てはまる

魔王(元)自身の欲にも使えるのだろう

(そうなのか? ……いや、そうじゃない)「…………?」 実力があるということはライにも分かった

そして欲を満たす為に使うのは反対だ