パチスロ エヴァンゲリオン pv

パチスロ エヴァンゲリオン pv

「……」 少し汚れたリボンを拾い上げ、表情を消してじっと見つめる

その脳裏にあるのは、「ゲームは始まりました」というあの言葉――

あなたも好きかも:パチスロ リング ボーナス後
 優樹は顔を上げて、楽しそうに談笑しながら先を歩くみんなの背中を戸惑い見つめた

 話すべきか、どうするべきか

あなたも好きかも:エルドラ 評価 パチンコ
 ――“ゲーム”、その言葉に覚えがあることを……

「今度の週末……」「うん」 ある日の夕方――

部活を早めに切り上げて、ぞろぞろとみんなで反町病院の個室、加奈の元へお見舞いにやってきた

 加奈は枕をクッションにして毛布を膝掛代わりにベッドに座ったまま、優樹に紹介されたみんなを笑顔で見回した

「こんなにたくさんの人、ここに来たのって初めて」「ご、ごめんね……、突然大勢で」「ううん

嬉しい」 申し訳なく頭を下げる優樹に、加奈は首を振って笑った

 ――元々、部活が終わったあとに一人で訪れようと思っていたのだ

お見舞いに何がいいだろう、と考え、何かおいしい物でも、と思いついて大介に相談したところ、「誰にやるンや?」という話しから始まり、誘導尋問に引っ掛かって吐かされた

そして結局、「オレも行く」「私も行く」と、みんなが付いてきてしまったのだ

彼らとしては「加奈とはどういう人物なのか?」という興味もあってのことだろう

しかし、状況を掴めていない優樹からして見たら「みんな関係ないのに、なんで来るの?」と、病院に着くまで終始怪訝そうだった

「早くみんなと一緒に遊びたいなー」 ニコニコと笑う加奈に、ベッドを囲むように立っているみんなはそれぞれ笑みを溢した

「ほな、手術がんばらなあかんで!」 ニヤッと笑った大介がグッと拳を握り締めると、「そうそう!」と、白川が加奈に聞いた携帯電話番号を登録しながら笑顔で続く

「一緒にたくさん遊ぼう!」「あんたたちがいるとうるさ過ぎるだけだと思うけど?」 生美がうんざり腕を組んで横目を向けるが、「元気になったら、かのんが空手教えてあげるーっ!」 と、華音は気にすることなく愉快げに手を上げた