スロット アラジン 初代

スロット アラジン 初代

そして依頼を受け敵として殺しに来た相手に捕まったから情報を漏らす、などと言うのはこんな仕事をしている彼の矜持に引っかかるもの

後ろ暗い仕事であるとしてもなんだかんだで彼もひとかどの暗殺者

公也に話すようなことはしない

「……まあ、暗殺者が自分たちのことを話さない、依頼人とか組織のことを秘密にするっていうのはよくある話だしな」「………………?」「言わないというのなら仕方がない」 公也としても人を痛めつけるというのは趣味ではない

殺し殺されはある意味で仕方のないことであるが別に拷問して楽しむ趣味があるわけでもない

戦うということに関して楽しむところがないとは言わないが、望んで相手を殺すことを喜ぶというわけでもない

そもそも戦いはしたいが殺しをしたいわけでもない

結構いろいろとあれなところはあるがなんだかんだで公也の感性は普通である

あなたも好きかも:パチンコ ヴァルヴレイヴ 評価
一部異常なところはあるが人間性は比較的普通……なはずである

「知識を貰おう」「な」 相手を殺す趣味はない

あなたも好きかも:与野 東口 パチンコ
しかし必要なら、自分の欲、求めのためならば

躊躇なく相手を殺す

あなたも好きかも:スロット ベガス
いや、正確に言えば殺すことは手段に過ぎない

殺すことを目的とした殺しをすると言うわけではない

過程として必要だから行うにすぎない

もっともそれによって行われることは相手の知識を得る……相手の脳、相手の存在、それを食らうことによりその中に存在する知識を吸収し必要なものを抽出し自分の知識として取り入れる