偽物語 スロット 君の知らない物語

偽物語 スロット 君の知らない物語

「武田さんでもこんなことを言うんだなあ……」と思いながら

 弥生はゆっくりと、キョトンとしている反町を窺った

「……行かなくていいんですか?」「え? あ、ああ……

う、うん、行く」 弥生にビクつきながら優樹へと目を戻す

「じゃあ……行って来るから」「う、うん……」「終わったら部室に行くから

待ってて」 笑顔で軽く手を上げ、「じゃーな」と足早にみんなを追い掛ける反町の背中を見送って優樹は小さく息を吐き、弥生に申し訳なく頭を下げた

「武田さんごめんね……

みんな心配性なの」「……大島さん程ではないと思いますけど」「……、へ?」 「では、参りましょうか……」 誘って足を踏み出すが、優樹は首を傾げている

そんな彼女を振り返って、弥生はため息を吐いた

あなたも好きかも:ルレット の 使い方
「……部室、行くんでしょう?」「……あ、う、うん」「参りましょう……」 歩き出した弥生を先頭に、優樹は「う、うん」と慌てて後を追った

 そういえば、学園に復活してから弥生とはあまり会話をしていない――

そのことに気付いて、部室に向かいながら今までのことを弥生の視点で伺った

あなたも好きかも:パチスロ パロディウス
淡々と話してはくれたが、ほとんどが立花に使いっ走りされていた、という文句だ

弥生は終始不快げだったが、それでも協力してくれていたんだ、と、そのことが嬉しく、「ありがとう……」と何度も礼を告げた

 校舎を出て数分後、部室に着くと先に待っていた相川と勝則は優樹と肩を並べてやってくる弥生の姿に驚き「うっ……!」と背を伸ばした

「何か起こるのか!?」と、言わんばかりの二人の空気に、優樹は「そこまで怯えなくても……」と呆れつつ苦笑した

「武田さんにも依頼の片付けを手伝ってもらおうと思って

一緒に来てもらったの」 優樹が笑顔で部室の鍵を開ける間に、弥生は「……よろしくお願いします」と小さく会釈する