ブラックジャック 19巻 絵柄

ブラックジャック 19巻 絵柄

「今日は吸わなかったんだけど……」「……たばこ臭いの、消えて欲しい」 空いている手で自ら彼のシャツの裾を掴みパタパタと風に揺らす怪訝な優樹に、反町は少し笑い、手を握り直した

あなたも好きかも:ダンバイン パチンコ 歌
「暑くない? 大丈夫?」「うん

平気」 問われた優樹は笑顔で答え、そのまま彼を見上げて繋いでいる手を前後に揺らした

「ねえ、流君?」「うん?」「生美ちゃん、子どもたちとたくさん遊んであげるって」「そっか

それは嬉しいな」「だから、元気な子、産まなきゃだねっ」「うん

あなたも好きかも:にゃんこ スロット コピー
産むのは優樹だけどね」「がんばるっ」「うん

がんばれ」 互いに笑顔で言葉を交わし、優樹は「ふふっ」と笑って強く手を握った

 ……いつか過去にさようならが出来るなら……、生きていくことを、楽しいって思えるようになるといいな――

「……え? 大介先輩と、ですか?」「そう

大介君のこと、何か怒ってる?」 不安と心配を滲ませて身を乗り出し問う、白い丸テーブルの対面側の優樹に鈴菜はキョトンとした表情でパチパチと瞬きを繰り返した

 騒々しい二学期始業式から十日過ぎた、ある日の放課後――

 イベントホールの傍にあるカフェに、急遽、鈴菜を呼び出した

あなたも好きかも:1/499 パチンコ
理由はもちろん、大介とのことだ

 ――二人の関係がおかしいとわかった始業式から何度となく鈴菜と接触しようとメールで呼び出しをしていたのが、何やらとても多忙だったようでこの日まで延びてしまった

 本当なら大介と二人で話をした方がいい

けれど、ふて腐れているのか拗ねているのか諦めているのか、大介は「知らん!」とそっぽ向いて関わろうとしないのだ