ラッキースター パチンコ

ラッキースター パチンコ

「後で読んでね」 さっそく読もうとしたオレに、ノアは照れくさそうに言った

「この紐は?」「こうやって腕につけてね」 そう言いながら、ノアはオレの手を軽くひっぱり、組み紐を巻き付けた

 オレの左手へ、まるで時計をつけるように

 編み込まれた紐

あなたも好きかも:ラッキー・クランブリング
その端っこは、一方が輪っか

もう一方が丸いボタンになっていた

あなたも好きかも:無双オロチ パチンコ 評価
ボタンで紐を止める形だ

かっこいいな」「あのね

このボタンに、魔力を流して……私だけの棚をって唱えるとね」 ノアはボタンに小さな指を当てて言う

 言われる通りに唱えて魔力を流すと、手のひらサイズの半透明の板が浮き上がった

「魔道具?」「うん

ちょっとの間だけ物が置ける、魔法の板が浮き上がるの」 試しにフォークを置いてみると、しっかりと半透明の板に乗った

あなたも好きかも:パチンコ 決算月
手を動かしても、水平は保たれるようでフォークが落ちることはない

「これはすごいな」「カガミお姉ちゃんに、手伝ってもらったの」「ノアちゃんにお願いされたんです

これって私達へのお礼だったんですね」「えへへ」 皆が驚く様子を見て、俯きながらもノアは嬉しそうに笑った

 それから食事再開

 プレインは、早速マヨネーズの入った器を半透明の板に乗せていた

「これ便利っスね