microgaming

microgaming

「あの方は、薬草の類も、取り敢えず自分で一度食べてみようという気質の方です

加えて、王族としては理知的で物静かに見えますが、胸の内ではかなり辛辣な思考を持たれる方でしょう

柔和なようで人の好き嫌いもしっかり線引きされるので、ニケ王子と友人になったのが、王子としてのヴェンツェル様の最大の功績ですね」「い、いや、兄上にはもっと様々な功績があるだろう………」「勿論、あなたを認めておられるところも含め、ヴェンツェル様にも良い部分は幾つもありますが、やがて自身が王となる時に、最も警戒するべき国の王を最良の友とし得ることを可能とした功績は、それに勝るものはありません

この国は盤石な大国に育ちつつありますが、この国を脅かすものがあるとすれば、それはやはり、カルウィくらいのものですから」ヒルドのその言葉に、エーダリアはもう少し兄の自慢をしたげにしていたが、ウィリアムが頷くと、目を瞠ってから自分もこくりと頷いた

あなたも好きかも:オンラインゲーム 動かない
ヒルドやノアとはまた違う信頼の向け方として、エーダリアは、ウィリアムの言葉には素直に頷いてしまうらしい

「国としての分かりやすい益を上げるよりも、争いを生まない人の繋がりを作ることの方が難しい

あなたも好きかも:両国 スロット
そのような関わりは、政策や戦術で得られるものではないからな」「そういうものなのだろうか………

あなたも好きかも:パチスロ 導入 日 一覧
私は、領地を治めてはいるが、戦というものに対してはあまり資質がないそうだ………」少しだけしゅんとしたエーダリアに、そりゃそうだとアルテアが笑う

「ウィームの王族の運命的な資質だな

どれだけの賢王も、例のない程の可動域を持った魔術王も、なぜか戦の才能はない」「ありゃ

何でだろうね………」「…………そ、そうなのだな」「ヴェルリアはその逆だ

あの国は特に海産業以外の資源に恵まれていた訳ではないが、どれだけ被害を出そうが、どんな王になろうが、戦では負けることがない

弱い王が王位を継ぐことはあるが、大きな戦などの時代になると必ず淘汰されてゆくな

ある程度、決まった流れなんだろう」グラスを傾けながらそう言ったアルテアに、ディノがその理由を教えてくれた

ネアはアルテアが作ってくれたトマトの冷製スープを飲み、疲れた体に染みわたる美味しさにむぐぐっと頬を緩めながらその説明に聞き入る

「国というものもね、それだけの要素が集まるからこそ、魔術の場になるものだ

時折、名もないような新興の小国に大国が敗れたりだとか、小さな国であってもなぜか侵略を許さない土地があるだろう?」「むむ