一騎当千 スロット タイヨー

一騎当千 スロット タイヨー

「……一度死にかけた俺だから見えたってことか?」『であろうな』 ライルの呟きにジーヴェの槍が反応する

あなたも好きかも:スロット リーチ目 ジャグラー
 ライルは再び『クルミワリニンギョウ』の残骸を見た

魔力の川(ナーガライン)に流されたワルギレオの代わりに、何かがワルギレオの肉体に入ったのが見えたのだ

「で、あいつは誰だ?」 そして、『クルミワリニンギョウ』胸部の水晶球が開き、その誰かが外へと出てきた

名前:由比浜 風音職業:竜と獣統べる天魔之王(見習い)称号:オーガキラー・ドラゴンスレイヤー・ハイビーストサモナー・リア王・解放者(リベレイター)・守護者装備:杖『白炎』・ドラグホーントンファー×2・竜喰らいし鬼軍の鎧(真)・不滅のマント・不思議なポーチ・紅の聖柩・英霊召喚の指輪・叡智のサークレット・アイムの腕輪・白蓄魔器(改)×2・虹のネックレス・虹竜の指輪・金翅鳥の腕輪レベル:41体力:158+20魔力:386+520筋力:84+45俊敏力:85+39持久力:46+20知力:80器用さ:55スペル:『フライ』『トーチ』『ファイア』『ヒール』『ファイアストーム』『ヒーラーレイ』『ハイヒール』『黄金の黄昏[竜専用]』『ミラーシールド』『ラビットスピード』『フレアミラージュ』スキル:『見習い解除』『無の理』『技の手[2]』『光輪:Lv2』『進化の手[2]』『キックの悪魔:Lv2』『怒りの波動』『蹴斬波』『爆神掌』『戦士の記憶:Lv2』『夜目』『噛み殺す一撃』『犬の嗅覚:Lv2』『ゴーレムメーカー:Lv4』『イージスシールド』『炎の理:三章』『癒しの理:四章』『空中跳び:Lv2』『キリングレッグ:Lv3』『フィアボイス:Lv2』『インビジブル』『タイガーアイ』『壁歩き』『直感:Lv3』『致命の救済』『身軽』『チャージ』『マテリアルシールド:Lv2』『情報連携:Lv2』『光学迷彩』『吸血剣』『ハイ・ダッシュ』『竜体化:Lv3[竜系統][飛属]』『リジェネレイト』『魂を砕く刃』『そっと乗せる手』『サンダーチャリオット:Lv2』『より頑丈な歯:Lv2[竜系統]』『水晶化:Lv2[竜系統]』『魔王の威圧:Lv2』『ストーンミノタウロス:Lv2』『メガビーム:Lv2』『真・空間拡張』『偽銀生成』『毒爪』『炎球[竜系統]』『キューティクル[竜系統]』『武具創造:黒炎』『食材の目利き:Lv3』『ドラゴンフェロモン[竜系統]』『ブースト』『猿の剛腕』『二刀流』『オッパイプラス』『リビングアーマー』『アラーム』『六刀流』『精神攻撃完全防御』『スパイダーウェブ』『ワイヤーカッター』『柔軟』『魔力吸収』『赤体化』『友情タッグ』『戦艦トンファー召喚』『カルラ炎』『魔物創造』『ウィングスライサー』『フェザーアタック』『ビースティング』弓花「出てきたよ」風音「あれ、綺麗な目をしている?」

ベネットが気付くと、いつの間にやら見知らぬ建物の中にいた

そこは先ほどまでジンライたちと戦闘をしていた封印の間の前とはまったく違う場所だった

「どこだ

あなたも好きかも:ハドソン ゲーム機
ここは?」 そう口にしながらベネットは周囲を見回す

その場にいるのはどうやらトゥーレの兵士たちとタツヨシくんケイローン、それにゴーレムジャガーだけのようである

「全員……いるな

あなたも好きかも:スロット ニュー アイム ジャグラー
あのジンライや召喚体にクーロたちはいないようだが」 ベネットは思う

ここはどこだろうかと

 窓の外から見える風景はどうやらイプシロンの街並みのようだが、妙に暗いのも気にかかる

そして、周囲を観察してやはり状況が分からぬのでひとまずは下に降りようかとベネットが考えたときに、壁の向こう側から妙な作動音と共に何かが上昇していくような音が聞こえたのだ

「なんでしょうか?」 それに気付いた兵の質問にベネットも首を傾げる

「分からないが、何かがいるのは確かなようだな

隊を半分に分ける