ハイスクールフリート スロット エピソード

ハイスクールフリート スロット エピソード

「どこかでお会いしませんでした?」 タガネが片眉をつり上げる

あなたも好きかも:鬼武 者 3 時空 天翔 スロット
 顎に手を当てて考える仕草をし、黙り込んだ

深く考えなければならないほど思い当たる節が無い

それが既に回答だった

 やがて

 タガネが首を横に振る

あなたも好きかも:オンラインゲーム 処理落ち 原因
「薄情かもしれんが、恐らく初対面だ」「そう、ですよね

はは」「……?」 訝るタガネの眼差しをかわし

 フィリアは荷馬車の前へと体を向けた

 そうして

あなたも好きかも:黄門 ちゃ ま パチンコ スペック
 馬車は大街道をふたたび進み出した

今回は少し変わった話になっています

登場する理由がある 小説に登場する人物は、理由があるから出てきます

 たとえ名前のないモブキャラであっても、文で触れれば存在するのです

「触れられなければ存在しない」とも言えます

現実世界では たとえば高校が舞台の青春小説だったとして、クラスメートの何人に触れるかで物語の規模が変わってきます

 クラスの中で、主人公と意中の異性だけが登場するのであれば、取り立ててクラス内の描写は必要ありません

 もし主人公の悪友が同じクラスなら、悪友に触れることでそのクラスでは三名の人物が物語に登場します

 触れていない他の人はすべてモブキャラです