スロット メフィスト

スロット メフィスト

みんな、なんでこんなのがわからないんだろうって」「……すごく意地悪」「そう? すっごく賢くなった気分」「賢くなってるんだよ」「だよな」 何を言うにしても常にニコニコ笑顔だ

優樹は呆れ気味に小さく息を吐いて苦笑するが、心の中はどんどん不安が広がるばかり

 ……すごく楽しそうにしてるのに、こんな時にマー君のことを話すのって、残酷じゃないかな? ……けど、ご機嫌だから、話すなら今のうち? ……はあ

荒れなきゃいいけど……

 胸の奥がモヤモヤして気分が悪いくらいだが、それを悟られまいと、なんとか会話にも笑顔で応える

あなたも好きかも:マカオ カジノ スロット 遊び方
 部室に着くと、ちょうど洋一と華音と合流し、反町は、「ほらよ」と洋一に手渡された部室の鍵をじっと見つめて洋一に目を戻した

「……鍵も、もう誰かに預けなくちゃな

あなたも好きかも:パチスロ 123 大阪
部長も誰かに任せないと」「そうだな」「……」「……」「……」「……え? なにかな、その沈黙は?」 かわいらしく目をパチパチさせる洋一をじっと見て、「うーん……」と怪訝に腕を組む

「元々、奉仕屋を復活させるにあたっておまえってヤツは必要不可欠だったし……」 優樹と華音はキョトンとして互いに目を見合わせる

 洋一は真顔の反町に「待て待て」と、焦りを浮かべつつ首を振った

「オレにそんな大役が務まると思うか?」「務まらないワケはないと思うけど?」「務まらないと思うぞ?」「やってみなきゃわからないし」 にっこりと笑う反町の、その不敵さに、洋一は嫌そうな顔で軽く背中を仰け反らせた

あなたも好きかも:ひまわり パチンコ 換金率
 四人が部室に入って談笑しながら落ち着く頃に、他のみんなも次々とやってくる