サイボーグ009 スロット 中段チェリー 恩恵

サイボーグ009 スロット 中段チェリー 恩恵

 念の為に辺りを見回しながら、反対側に見える通路まで駆け抜ける

ゲン老人の言っていた若者達も、まだ気配すら感じない

老人は一週間は保つと言っていたが、或いはもう……と、さっきからどうも悲観的な事ばかりを考える

あなたも好きかも:パチンコ 海物語 新台
拳を握りなおして部屋の外、さっきまでとは違う通路に飛び込んだ

「…………酷い……」 さっき祭壇などと考えた自分を呪う

あなたも好きかも:パチンコ ひと箱 だけ
そこに転がっていたのは刀剣や鎧、ベッタリと染み付いて腐臭を放つ血痕に砕けた人骨

そしてさっきまでより遥かに大型の蛙型魔獣が九頭、一斉にその重たい首を擡げてこちらを睨んでいた

「無駄撃ちするつもりはなかったけど……せめてもの弔いよ!」 ノソノソとこちらを振り返り、重鈍な歩みで近づいて来る

大方捕らえられた獲物ばかりを与えられてきたのでしょう

あなたも好きかも:パチンコ 慶次 漆黒
まったく腹立たしい

そんな期待した目で私を見るな

「揺蕩う雷霆(ドラーフ・ヴォルテガ)——」 一頭、二頭と蹴り貫く

今このひと時だけは、私の体は雷電よりも疾く鋭い

傲慢と怠惰を溜め込んだような醜い肚《はらわた》を蹴破り、けたたましい鳴き声をあげる魔獣達を私は打ち倒し続けた

「……あらぁ

いけないわ

可愛い坊や達にそんなことをして」 最後の一頭を貫いた瞬間、その声は聞こえた