チャングンソク パチンコ

チャングンソク パチンコ

「さて、惑星を砕いく攻撃でも駄目なら……惑星の数万倍の大きさを誇る恒星を砕く一撃でどうだろうな」 呟き、近くの隕石を止めて乗る

 そんな隕石の上で体勢を低くし、力を込めて集中を高めるライ

 そして一瞬の間を置き、バハムートに対して視線を向けた

「強度は恒星以上か恒星以下か……試してやるか!」 ──刹那、光の速度を超えて加速したライは瞬く間に秒も掛からずバハムートの皮膚へ到達し、八割を込めた片手を大きく後ろへと伸ばす

 そして拳を握り直し、握力と力を込める

あなたも好きかも:カウボーイビバップ パチンコ 評価
それによって数十メートル程の黒い柱が立ち上ぼり、禍々しい気配が辺りに立ち込める

あなたも好きかも:負け ない スロット
 その次の瞬間、音が伝わらない筈の宇宙空間へ大きな轟音が響きバハムートの身体を打ち抜いた

 打ち抜かれた肉片は光を超えて加速し、刹那の時に見えなくなり数百万キロ離れた遠方で何かが光る

あなたも好きかも:パチンコ 大森 バイト
『ギャアアア!?』 その拳を受けたバハムートは初めて悲鳴のような声を上げ、無音の宇宙空間へとてつもない轟音を響かせる

 この場に居るのがライたちのような主力で無ければ、音だけでショック死してしまう事だろう

「お、やっと声を上げたな……それでももう再生したけど、初めて手応えがあった」 そんなバハムートの身体は即座に再生する

 バハムートには惑星並みの大穴が空いたのだが、それすら再生したのだ

 つまり、恒星を砕く攻撃でも倒せないという事になる

『グ、ギャ……ギャアアアアァァァァァッッッッ!!!』「……ッ! 何て声を出すんだ……!!」 また一つ吼え、声だけで回りの隕石を粉砕するバハムート

 今の声は悲鳴では無い

己に敵が現れたと、そう警戒するような声だった

 つまりバハムートは、バハムートからしたらライたちから見る微生物よりも小さい筈のライを認識し、敵対する者として認めたのだろう

「成る程、認識してくれたって事か……ハハ、それは良かった……」『ギャアアアアァァァァァッッッッ!!!』 また一つ吼え、小さきライの姿を探すように動き出すバハムート

 そして、宇宙を流れる隕石が粉砕した