沼 カイジ パチンコ

沼 カイジ パチンコ

「うーわー……」きたきたきたきたきたきたああああああ!!!!災厄が向こうからやってきたあああああああ……ぁぁぁぁ……

「さっきたっくんが話してた皇族の人やんか……しかもマチカちゃんも暴れとるんか……」「どうやら、休んでいる暇は無いらしいな……」形を落としながら、そう言うと「だな

英雄ってのはそんなもんだ」「うわっ」いきなり背後から話しかけてくる低い声に飛び退くといつの間にか俺たちの後ろのソファに座っていたバグラが大きな手に握られた数本の剣を見せてくる

あなたも好きかも:スロット ひまわり北上店
その中の一本は、グリップだけの鞘ソードだ

あなたも好きかも:hp メモリ増設 スロット
残りはルートラムの鞘に入れられた出刃包丁と、あの黒い剣である

探してもってきたらしい

「はい、これはあまりに完成されていて弄り様がないから、返すな」バグラは鞘ソードを俺に投げ渡してきて、落としそうになりながらも何とかキャッチする

「んで、残りの二本なんだけどな」「お前が戦いに赴く前に、合成してみていいか?」「合成!?」タガグロとノーヴェラスも興味深そうにバグラの顔を見つめる

「ああ、この二本なら武器としての格がちょうど釣り合ってるし くっつけたら、その、お前の手に握られているそれと…… そう、それだ

対等くらいにはなると思ってな」「……鞘ソードの方が格が上なの?」「だろうな

あなたも好きかも:パチンコ プラザ 社長
わりとそれは万能なんだよ

 その気になれば、高層存在も切り伏せられるぜ?」「バグラさん、その高層存在ってなんなんや? たっくんから聞いてからずっと疑問やったんやけど」「あら、タジマなら知ってると思ったけどな」「いや、俺も色々衝撃的なことがあって、尋ねるの忘れてたんですけど……」バグラは豪快に笑いながら「なら教えてやるよ」「高層存在とは、思念体や神などの、物理的身体を持たずとも 活動できる存在のことだ

アトランティス自治区でお前が 切り裂いたナフェントスの変異体みたいにな」「えーと……つまり、鞘ソードで美射も切り裂けると……」「たっくん、いきなりなんちゅう発想するんや……」「いや、ちょっとくらい突いてやりたいわ

あいつ調子に乗り過ぎだし」俺が調子に乗っていると言っていた山根たちに本当の意味でやりたい放題している美射を見せてやりたいくらいである

マイカには止められたが、言うくらいなら良いだろう

「気持ちは何となく分かるけど、絶対やったらあかんで」バグラはニヒルに笑いながら「で、こっちの黒い剣はその高層存在を切り裂くために特化されてるもので まあ、たぶんどっかの誰かが神殺しのために造ったんだろうけど……

 そしてこちらのバグラムソードはまったく逆だな」「逆?」「たぶん、相応の力さえあれば、大抵の物理的な存在は切れるぞ