11 月 11 日 パチスロ

11 月 11 日 パチスロ

「そういえば、ハルトムートの儀式用の衣装はどうするのですか? 注文していても、まだまだできあがらないでしょう?」 わたしがベンノに儀式用の衣装を頼んだ時には結構時間がかかったはずだ

それでも、織るところから依頼するのではなく、染めるだけだったので、ずいぶんと時間短縮になったと言われていた

「ローゼマイン様と違って、私は今までに何人もいた青色神官が残していった儀式用の衣装が入りますから、注文した衣装が届くまではそちらをお借りすることになっています」 神殿には儀式用の衣装がいくつかあるらしい

本来は自分で準備するのが当たり前だが、今回のハルトムートのように間に合わない時は貸してくれていたようだ

わたしは平民だった上に、体格に合う衣装がなかったので、貸し出しの対象外だったらしい

あなたも好きかも:パチンコ 確率分母で当たる確率
「神殿の儀式は楽しみです」 ハルトムートは神事の前日、護衛騎士のために準備されている部屋に泊まり、朝食をわたしと一緒に摂って、神官長の部屋に移動する

あなたも好きかも:年末 パチンコ
そして、これから先自分の側仕えになる神官長の側仕えに衣装を整えてもらうことになっているそうだ

あなたも好きかも:パチンコ がちゃぽん 苫小牧
 わたしも神殿長の儀式用の衣装に着替えさせてもらって待っていると、フランが呼びに来た

「礼拝室の準備が整いました

移動いたしましょう」 すでに青色神官達は礼拝室の中に入ってしまっているようだ

扉の近くで待機しているエックハルト兄様の姿を見つけて、わたしはハルトムートの様子を尋ねた

「エックハルト兄様、今日は神殿に来ていたのですね

ハルトムートの初めての神事なのですけれど、緊張していませんでしたか?」「非常に興奮しているように見えた

其方の祝福を見たいそうだ」 初めての神事だが、今日もハルトムートはいつも通りのようだ

「だが、有能だな

神事の流れもやるべきこともすぐに覚えるし、フェルディナンド様も使い勝手が良さそうだ

なかなか良い側近を得たな、ローゼマイン」 ……良い側近かどうかの判断基準が神官長にとって使い勝手が良いかどうかって時点で、エックハルト兄様もかなり変だよね

 ある意味でハルトムートとエックハルト兄様はよく似ていると思う

「神殿長、入室」 神官長の声と共に、灰色神官達によって扉が開かれていく