オトメ魂 スロット 天井

オトメ魂 スロット 天井

 アスタルとともに店主の後に続いて、通路を進む

あなたも好きかも:パチスロ 不正 通報
「ここにいるのは間違いないんだよね?」「はい

およそ二年前からここに逗留中でございます」「自分の家のように扱っているとか」「それはまあ、わたくしどもがそうしてもらってもかまわないといいましたからでして」「なるほど

店主さんのお言葉に甘えすぎたわけか

あのひとらしいといえば、らしいかな」「ふむ」「それで、なにか変わったことは?」「特になにか変わったことがあるわけではございませんが、ここのところは、皆様活気にあふれているようでございまして」「へえ

活気に……ねえ」 エインは、店主の話を聞きながら、目を細めた

 およそ二年前、最終戦争の末期、エンジュールに逃げ込んできた一団がある

その集団は、最終戦争で多くの仲間を失ったという話であり、戦いで負った心身の傷を癒やすべく、この《翠の小鹿》亭に長々と逗留しているとのことなのだ

あなたも好きかも:目押し スロット とは
エインは、その一団を戦術に組み込むべく、《翠の小鹿》亭を訪れている

 その一団の中でもただひとり特記戦力というべき存在こそが重要であり、その特記戦力の有無でエインの考える戦術の成功率は大きく左右された

 彼がいれば、確実に成功するだろう

あなたも好きかも:化物語 スロット アプリ android
 彼がいなければ、代替となる戦力次第となる

その場合、先もいったように魔王軍の中でも特に強力な個体を当ててもらうほかないが、それで上手くいくかどうかは、不明瞭な点が多い

 その点、エインが構想に入れている彼ならば、あの特記戦力ならば、まず間違いなく成し遂げてくれるだろう

 かつて“剣鬼”として名を馳せた青年ならば、きっと――

 エインは、そう考えていた