ジール ぱちんこ

ジール ぱちんこ

ところでナンマル君まだ起きないんだけど なんで?」「……疲れてるんじゃないかな」適当に誤魔化して答える

「ふーん……」山根は何とも言えない表情をしながらナンマルを巨石の近くに降ろした

ここから向かい合ったセイとグルバナンまで数百メートルくらい離れている

あなたも好きかも:ペルソナ カジノ bgm
山根と共にナンマルの近くに腰を降ろすとメイリンが近寄ってきた、胸元からはナンスナーが顔を出している

「姉様、勝てますか?」メイリンは広い布製らしきシートを敷いて、ナンマルをその上に寝かせながら言う

俺たちもシートの端に座りなおしながら「私は、勝つと思うけどなあ」山根はそう言って、俺は「俺の受けた感じだと、クラーゴンよりちょっと弱いくらいだから 実力的にはセイと同じくらいかもな」「……大将くらいですか……」メイリンは深刻な顔になる

あなたも好きかも:ハイスクールオブザデッド ゴールド スロット 朝一
意味が分かったらしい

この子は今まで目立たなかったが本当によく周囲のことを見てたんだな

と俺はさらにメイリンを見直す

ナホンに来てから、俺の中でメイリンの株が上がりっぱなしである

頭が良くて、気遣いができて、頑張り屋という、人として素晴らしいと言うしかない

あなたも好きかも:ペーパーマン ブラックジャック
きっとタガグロが居なかったら、迷わずメイリンを選んでいただろう

故に、この子のことをどうにかして幸せにしてやりたいなと思う

もちろん、俺以外の相手を見つけて……

考えていると、遠くでセイとグルバナンの戦いが開始された

いきなり翼を出して飛び上がったセイは、フライパンを思いっきりグルバナンに上から叩きつけに行く

グルバナンはあっさりそれを避けてセイに長く太い筋肉質な足で、回し蹴りを叩き込んだ

セイはそれをギリギリで飛び退いて回避して空へと逃げて、グルバナンを見下ろす