まどマギ 3 スロット 穢れ

まどマギ 3 スロット 穢れ

「陛下、殿下

こちらの守りはわたくしが固めましょう」「オ、オールド……」「至急、マジックポーションの確保を

わたくしが全力を持ってお二人をお守りしましょう

……勿論、陛下方が可愛がられておられる奴隷達も含めて……」 何のつもりだとハイネは兜の中からじろっとオールドを見下ろすと、ニッと口元が緩んでいる

「お前達、お二人の御身に傷一つつけるな!」「「はっ!」」 国王側近の媚び売り騎士達にそう指示をすると、オールドはハイネと少しその場を離れる

「どういうつもりか

あなたも好きかも:ブラックジャック 差し替え
このままでは国民が……それに同胞達も……」「あれの説得が無理なのは貴女が一番ご理解できるのでは?」 オールドは確信をついた一言を話す

 それはこのヴァルハイツに使えており、先程の振る舞いを見れば理解できないことではない

「そう、だな……」 ハイネは怒りに身を震わせながらそう答える

あなたも好きかも:パチンコ きせい
「……先程、外に出ていた分身体が勇者様が出ていかれるのを目撃しました」「な、なに!?」「この状況の中、勇者が動かれる

レイチェル様にお使えしている貴女なら、今何をすべきかわかるでしょう?」 アミダエルの暴走により、国がピンチの状況

 国民達は異形の化け物を前に恐怖し絶望する中で、それがディーガル、つまりはヴァルハイツの王家で何かがあるという疑心に繋がるだろう