アメリカン スロットルアシスト

アメリカン スロットルアシスト

すぐ人の話に飲まれちゃって

それでよくお母さんなんて務まるよホント」 冗談か本気かわからず、訝しげに反応を鈍らせる優樹に加奈は「今のは冗談じゃないからね」と付け加える

 優樹は口を尖らせてチビクマの腕を振った

あなたも好きかも:聖闘士星矢 ゴールドセイント スロット
「別に、人の言うことを真に受けてるとかじゃないよ? ただ、正しいことを言ってる人が周りに多いだけで」「優樹ちゃん……、自分で自分が無能だって曝してどうするの?」 哀れんだ目でため息を吐かれ、優樹は分が悪そうに口籠もった

何もかもあっさりと切り替えされてしまって次の一手が浮かばない

 降参の気配を漂わせる優樹に加奈は得意げな笑みを浮かべていたが、途中で「けほっ」と軽く咳き込んだ

「大丈夫?」 喉の下を押さえて再度咳き込まれ、優樹は少し心配して覗き込んだ

あなたも好きかも:スロット ランド
 ここ最近、やたらと咳き込んでいる姿が目立つ

旅路で同乗していた車内でも軽く咳き込んでいて、運転していた反町から「病院に行った方が良くないか?」と心配されたほどだ

 不安げな視線を受けた加奈は数回深呼吸をして苦笑し、「ふうっ」と強く息を吐いてから丸めていた背中を伸ばした

「大丈夫

ちょっとジュースでむせただけ」「ならいいけど……」 表向きはホッとしつつも、頭の片隅では「本当かな?」と不安に押されて疑いを持つ

だが、今ここで問い詰めを始めても加奈は白状しないだろうし、逃げてしまう

あなたも好きかも:バンナム スロット
 優樹は鼻から息を勢いよく吐き出し、加奈の背中を撫でた

「無理しないでね、ホント……

もうすぐ橋田君にも会えるんだし」「平気平気