スロット 攻殻機動隊 2

スロット 攻殻機動隊 2

「どういうことなの!?」戸惑う翔子だけど、その気持ちは僕も同じだ

同じ吸収の力を持っているはずなのに、同じ能力じゃない?一体、どういう意味なんだろうか?彼の説明を聞きたくて、言葉の続きを待つことにする

そんな僕達に彼は理由を教えてくれた

「俺が扱える吸収の能力は、あくまでも魔術としての属性だ

だが、深海優奈は違う

確認した吸収の能力は特性に近い」ん?特性?彼は属性で彼女は特性?その違い?だとすれば余計に分からなくなってしまう

あなたも好きかも:ぱちんこ 応援団
この違いはどういうことなんだろうか?「全然、分かんないんだけど?」悩む翔子に、彼が説明を続けていく

「俺の吸収の能力は魔術によって起こせる現象でしかない

ホワイト・アウトかルーンを使用しなければ吸収の能力は発動しないからな

だが、深海優奈の吸収には魔術が関与していなかった」「あ…っ!」彼の言葉を聞いた瞬間に

何かを思い出した翔子が深海さんに振り返った

「確かに優奈ちゃんは魔術を使ってなかったわ

あなたも好きかも:コードギアス パチンコ 最高 出玉
それは断言出来る」「…あ、はい

あなたも好きかも:オンラインゲーム 放置狩り
すみません」翔子に見つめられたことで、深海さんが即座に謝っている

話しかけられるのが苦手なのかな?それとも翔子が怖いのかな?うーん

どうだろう?あるいはその両方かな?特に謝る必要はないんだけど、反射的に謝ってしまったようだ

そんな深海さんを翔子がまじまじと見つめてる