fez ルーレット 確立

fez ルーレット 確立

「何か、不思議な感じだなぁ……動物たちが普通に生活をするって……幻獣の国なんだから当たり前だけど……幻獣たちが人間・魔族並みの知能を持ったらもっと発展するのかなぁ……」 大樹の家に棲む幻獣たちは、その姿や形を除けば人間・魔族と何ら変わりは無い

 街行く者たちは野生の幻獣よりも知能が高く、買い物なども普通に行う

 魔族であるラビアを興味の目で見ているが、その幻獣たちの起こす喧騒は普通の街と何も変わらない

あなたも好きかも:6号機 スロット やめた
 数百、数千年もすれば幻獣たちが独自の文化を持ち、自然に身を委ねず科学も扱うかもしれない

そう錯覚する程、普通の街と変わり無かったのだ

「……この平穏を乱す狩人《ハンター》やヴァイスって人達は……ちょっと許せないかな……」 内心、ラビアは穏やかではなかった

あなたも好きかも:佐土原 パチンコ 屋
 普段は飄々としているラビアだが、平穏な国が攻められている現状に腹が立つのだろう

 それのみならず、その侵略者の中には自分たちの"元"仲間が居るという事が原因でもあった

 自分の街を売ろうとし、そのまま攻め込んだだけではなく敵の組織に寝返った者

あなたも好きかも:遊戯王 ぱちんこ
 街である責任者の一人として、そのケリを付けなくてはならなかった

「ハリーフ……アイツは私たち"マレカ・アースィマ"のメンバーが責任持って片付けなきゃね……」 狩人《ハンター》を探しつつ小さく拳を握り、改めて覚悟を決めるラビア

 元々自分たちの街を担当する幹部の側近だったハリーフは、自分たちの力で抑えようと考えているのだ

 それがライたちやハリーフに対しての最低限の敬意、迷惑を掛けた落とし前は自分で着けるとの事