三栄 パチンコホール

三栄 パチンコホール

……落とした人もね、結局……取りに来なくて……」 優樹は話しながら少し視線を落とす

「……汚れるの、イヤだし……怒られるのもイヤだけど……

でも……何かが違う……

けどよくわかんなくて……

……流君たちならわかるかなって思ったんだけど……

……でも、考える程のことじゃないような気がするし……

あなたも好きかも:パチスロ 起動
んー……と、……よく、わかんないの……

あなたも好きかも:スロット 秋葉原 2ch
……私、何かヘン?」《ヘンじゃないよ

……そうじゃないと困る》 ため息混じりの声に、優樹は少し顔をしかめた

「……どうして?」《奉仕屋の基本だろ、それ》 優樹はふと表情を消した――

《困っている人がいたら助けてあげる

あなたも好きかも:ルパン パチンコ ポスター
優樹は、ただそれをやっただけだよ

たとえその為に汚れたって、怒られたって、優樹はそれで誰かが喜んでくれれば、それで充分だろ? ……でも、そっちの学校の奴らは違うんだよ

きっと、得にならないことはしないんだ》「……、得……」《そういうこと

つまり……優樹と仲良くなっておこうって考えるのと同じだよ》 どこか呆れるような落ち着いた声に、優樹は怪訝ながらも真剣な顔で視線を落とした

《洗っても落ちない汚れが付いたってさ、誰も逃げたり避けたりしない

もし優樹に一生落ちない汚れが付いたって、オレはそんなの気にしないよ

優樹は優樹だから

……けど、そいつらは違うんだ