麻雀格闘倶楽部 スロット 天井

麻雀格闘倶楽部 スロット 天井

その目には先程までの余裕は消え去っており、怒りと殺意が垣間《かいま》見えていた

「ぶっ殺してやらァ!!!」 ジュヌードの叫びに合わせ、イフリートとタキシムが大きく反応を示す

あなたも好きかも:パチンコ 津島 換金率
「……もう止めてッ!!」 そしてそれを見たリヤンがジュヌード──「あ? 止める訳ねェだ……「貴方じゃない……! その子達……!」……ろ

……あ?」 ──ではなく、イフリートとタキシムに言ったのだ

「……あァん?」 そんなリヤンの態度に対し、ジュヌードは少しイラ付いた

その言い方と口振り

あなたも好きかも:伊勢 パチンコ店
それはジュヌードを怒らせるには十分なモノだ

 リヤンはそんなジュヌードを無視し、イフリートとタキシムに向けて言葉を続ける

「アナタ達は傷付けたくない……! だから……もう止めて……!」 言葉をイフリートとタキシムに言い終えるリヤン

あなたも好きかも:eo光 オンラインゲーム
それを聞いていたジュヌードは──「……! 確かコイツは……! ……ッ!!」 リヤンの持つ能力? の事を思い出し、これは不味いと大地を踏み砕いて加速する

「させるかァ!!! テメェに俺の物を操られたら面倒臭ェ!!!」 ジュヌードが懸念した事

それはリヤンが自覚していない、他の生き物を操る? 能力

 流石にフェンリル、ユニコーン、ブラックドッグ、イフリート、タキシムを操られてしまえば、ジュヌードといえど骨が折れるのだろう

「私は操ってなんかいない!」「テメェの意見なんか知った事かァ!! テメェが自覚していなくてもなァ!! テメェはその能力《ちから》を持っているんだよ!!」 ジュヌードがさせるかと言い、リヤンはそのような事をしていないと反論する

そして、そんなジュヌードが駆け寄る事で大地は抉れ、街が揺れる

直進したジュヌードは次に大地を踏み砕きながら高く跳躍し、「だから今、此処で!! テメェを殺さなきゃ後々面倒なんだよォッ!!!」 リヤン目掛けて身体全体を使って攻撃をした

 その衝撃によって辺りには爆音と共に大きく砂煙が舞い上がり、仕掛けられたリヤンは──「……ッ! クソッタレェ!!! 遅かったかクソ共がァァァ!!!」『グオオオォォォォォ……』『…………………………』 ──イフリートとタキシムによって守られた

「……え? この子たちって……」 そして困惑の表情を浮かべるリヤン