アイ・オブ・ザ・クラーケン

アイ・オブ・ザ・クラーケン

死神の防御障壁くらい容易く貫くだろうし、その血肉も粉々に打ち砕き、焼き尽くしたに違いない

実際、砲撃によって灼かれた跡にはなにも残ってなどいなかった

 セオンレイの優美にして流麗な船体を遙か彼方に見遣りながら、彼は感謝の言葉を口にした

「助かったよ、マハヴァ」『間に合ったようでなによりだ』 マハヴァの聲が脳裏に響く

急いでここまで来てくれたのだろう

あなたも好きかも:国分寺 スロット モナコ
従属神の役割は、獅徒の動向を監視することだけではない

獅徒の補佐をするのもまた、従属神の重要な役割であり、マハヴァはそれを果たしただけのことだ

感謝を述べるほどのことではないともいえる

あなたも好きかも:ガメラ パチンコ ボーダー
とはいえ

「これで心置きなく戦える」 レミリオンは、障碍がなくなった事実に歓喜さえしていた

あなたも好きかも:パチンコ カネマン大船渡
これでようやく、目的を果たすことが出来るのだ

しかもマハヴァが近くにいるということは、彼の支援を受けることができるということでもある

戦女神を殺し、マリクなる神を封印する上で、これほど心強いことはない

『その割には、焦っているようだが』「あなたが気にすることじゃない」『ふむ……』 マハヴァはなにか言いたげだったが、レミリオンのまなざしを受けてか、口を噤んだ

従属神として当然の対応だろう

獅徒の機嫌を損ねるべきではない

 そのときだ

「なにと、心置きなく戦うおつもりなのですか?」「……はっ」 不意に聞こえた声は、凜然と響き、死神の無事を明らかなものとした