パチンコ 麻雀 物語 2

パチンコ 麻雀 物語 2

一回の投稿ぶんを書き終えたら推敲 一回の投稿ぶんで書くことは「プロット」へ記された「出来事(箱書き)」に従います

 とりあえず頭で思い描いたように一回の投稿ぶんを書き終えてください

 書き終えたら「いったん頭を冷やして記憶を消し」ます

あなたも好きかも:舞鶴 スロット 換金率
記憶が消えたら書きあげた原稿を眺めるのです

 そして「プロット」「箱書き(シーン)」と文章を見比べて過不足がないか照らし合わせます

あなたも好きかも:パチンコ 兼業 収支
 描写が冗長だと思ったら思い切って削り、足りないと思ったら描写を付け加え、「プロット」「出来事(箱書き)」の意図するところと同じ文章が書けていたらそこで「推敲」は終わりです

 この過程を何度も繰り返していれば、最初の執筆(初稿)でほとんど過不足のない文章が書けるようになります

あなたも好きかも:あの花 パチンコ コピペ
 そのためにも小説を連載することで書き手が得られるものは大きいのです

ぜひ小説は連載しましょう

 なぜ「いったん頭を冷やして記憶を消す」のか

書き手は小説を書くとき脳内で「明確にイメージを構築」しているからです

 このイメージが残っているうちに「推敲」を行なっても勝手に脳内で補完してしまい、どこに過不足があるのか見分けられません

だから「いったん頭を冷やして記憶を消す」必要があるのです

 脳内からイメージが消えていれば、書かれた文章を読んで過不足がすぐに判別できます

投稿直前に誤字脱字を推敲「出来事(箱書き)」「プロット」と過不足のない文章に仕上がったらすぐにでも投稿したいところですが、ちょっと待ってください