スロット 弱虫ペダル 感想

スロット 弱虫ペダル 感想

 焦り、上ずった声がする

 ドタバタしている周りが少々煩わしかったけれど、腕の中の柔らかな感触が心地良かったから、それくらいのことには目を瞑ろうと思った

 耳に鼻を寄せるけれど、ここじゃない……

そのまま耳を伝い、首元に鼻を埋める

あなたも好きかも:メモリ スロット 拡張
 ……ここも違った

 胸元かな?と視線をやると、柔らかな手が俺を阻む

あなたも好きかも:スロット 取材 千葉
煩わしいと感じたけれど……

「あ、ここだ」「何が⁉︎」 手首

 飛び散った水滴

ぺろりとそれを舐め取ったら、周りから凄まじい絶叫

「もう殴ってでも止めろー!」 そんな風に聞こえたけれど、香りの元が分かったからそれで満足

 抱き心地を調整して、そこからはもう、よく覚えていない……

 ◆「……と、いうことがあったんですよ」「ぁぁぁぁぁ、ぅそだとぃってくれ……」 覚えてる

途中までは

だけど最後の方、それ本当に俺かと頭を抱えた