twitter パチンコ店

twitter パチンコ店

待ちなさい流」 冷静にため息混じりで声を掛けたが、反町は、項垂れ顔を上げない優樹を見るなり更に眉を吊り上げ、理事室のドアを勝手に開けて中に入り込んでしまった

保宅も遅れて慌てて追い掛け、秘書たちが驚きを露わに立ち尽くしている中、「流!!」と名を呼んだが、反町は足を止めることなくすでに理事室に入って「このクソババア!!」と怒鳴っていた

あなたも好きかも:願い事を決めるんだ 早く スロット
「クソババア? ……なんですかその言葉は」 伸子は、息を切らして怒りを露わにする反町を執務席から不愉快げに睨んだ

「みっともない

あなたも好きかも:パチスロ 勝てない台
そんな大声を出して」「クソババアだからクソババアだろ!!」「流! やめなさい!!」 「誰に似て短気なんだ!」と、保宅はすぐに反町の背後に立って彼の腕を掴み引っ張った

「来なさい!! もういいから!!」「Damnit! Don'tdoっ……勝手に優樹を呼びつけて!! ……二度とオレらのこと引っ掻き回すな!!」 保宅に引っ張られても動こうとせずに怒鳴る反町に、伸子は呆れてため息を漏らし、胸の前で腕を組んで目を細めた

「どこでそんな汚い言葉を覚えたの? 青称も格が落ちたのかしら? それとも、母親の影響?」「Shutup!! Fuっ……」 保宅に口を塞がれて「モゴゴッ」と反町は言葉を濁す

 伸子はじっとりと目を据わらせて何か言い掛けたが、「待ってくださいっ……」と、目を赤くした優樹が入ってきて彼女に目を向けた

「すみませんっ……、おばあ様っ……」 優樹は悲しげに目に涙を浮かべ、保宅に口を塞がれたまま、しっかりと背後から抱き留められる反町の傍に立つと、彼の袖を掴んで引っ張り頭を下げた

「流君のことっ、怒らないでくださいっ

流君っ……私のことを心配してくれてっ……それでっ……」「いいのよ優樹さん」 必死に弁解しようと何度も頭を下げる優樹に、伸子はにっこりと笑った

あなたも好きかも:北九州 パチンコ 0のつく日
「あなたが付いていれば、その子も大丈夫でしょうしねえ」 コロッと別人のように早変わりし、睨み付ける反町を呆れ顔で見返した

「優樹さんを見習ったらどうなの? こんな落ち着いた良いお嬢さん、滅多にいませんよ