銀貨鉄道999 パチンコ

銀貨鉄道999 パチンコ

そのあたりは他人にわかったことではないが、ともかくユーナイトは公也の言を聞くこともなく、一つの提案をする

「貴様らも魔法使いなのであろう

ならば我がもとで魔法使いとしてその力を振るうつもりはないか?」「……勧誘か」「そうだ

貴様たちのような強力な魔法使いであればこの国でも上位の魔法使いとなれるだろう」「…………確かにそれは事実であるかもしれない」「そうだな

魔法使いとしてなら他の魔法使いよりは確実に上に立てるだろう」「ちょっと!?」 公也と夢見花は確かに自分たちはこの国の魔法使いよりも上の立場に立てるだろうという事実がある

それを端的に述べた

であるなら」「だけど……悪いが、そちらに仕えるみたいなことはできないな」「ふむ

あなたも好きかも:スロット 南国物語 連チャン後
それはなぜだ?」「いや、俺は一応この国ではない別の国で王様やってるし……」「ほう?」「は?」 魔法使いが云々、という以前に公也は他国の誰かに仕える、というのは根本的に間違っている立場にある

あなたも好きかも:静岡 パチンコ 出る店
公也は王であるがゆえに、他国に仕えるということはできない

一応こちらの大陸ではないし隠して仕えることもできるのかもしれないが……まあ、そちらに関してはあまり重要ではない

そもそも公也としても別に仕えるつもりはもともとないので結局それは一つの理由という形になるだろう

「俺の住んでいる国は魔法使い以外もいる

あなたも好きかも:スロット 凱旋 天井
この国みたいなやり方は合わないし……俺が嫁に迎えている女性も魔法使いじゃない

そもそも魔法使い同士が結婚し子供をつくっても魔法使いになるとは限らない

そういう点でもこの国のルールは適用しづらいだろう」「……それは」 魔法使い至上主義の適用の難しさ、適用する上での嫁やら家族やら臣下やらの周りの問題、そういった様々な複雑な問題を抱えていることもあり、結局公也は魔法使い至上主義を導入するつもりはない……というか、そもそも魔法使い至上主義の問題、欠陥もあると思っているため無理である

「そもそも魔法使い同士が結婚したところで確実に魔法使いになるとは限らない以上、魔法使いでなければ価値がないというのは自分の子供にも降りかかるものだろう

そんなルールを適用してやって行けるわけがない