パチスロ 松本 バッチ

パチスロ 松本 バッチ

部屋にいる者全員が王に視線を向ける

「…退出せよ」「そ、そうだ!お前ら!さっさと退出しろ!そして追って沙汰を待て!牢獄にブチ込んでやる!」「…退出するのはお前だ、ヨハンネス」「え?」 王太子は、呆然と国王を見上げた

「ち、父上!何を!なんで俺が…!」「…何故、儂《わし》がこの者達に礼を述べるよう言ったのか…お前は、何も分かっておらんようだな」「ど、どういう意味です?俺は、ただ…」「もう良い

あなたも好きかも:スマホ アプリ カジノ
出ていけ」「父上、悪いのはこいつらで…!」「出ていけと言ったのが聞こえなかったのか

これ以上王たる世の命《めい》に逆らうのであれば…廃嫡とするが、良いのだな」「は、廃嫡…」 それは、王太子としての地位を…次期国王になる権利を失うという事

王太子の顔は、一瞬にして真っ青になる

「ち、ち、父上…も、も、も、申し訳ありません…」「儂《わし》ではなく、この者達に詫びるべきではないのか」 王太子は、震えながら立ち上がりツバキ達に向き直った

あなたも好きかも:パチンコ 新 内規 2016
「…わ、悪かった

ゆ、許してくれ…」 それだけ告げると、逃げるように部屋から退出していった

神魔獣、というかどう見ても怪物、と呼びたくなるあの獣

 遠くにいるはずなのに姿がはっきり分かる、という時点でその大きさに気がついた

あなたも好きかも:パチスロ ニュー大根
「あれ、大きいですね?」「神獣様の倍以上はありそうですね

いや、もっと大きいですか」 思わずサファード様に確認取ったら、大きく頷いて答えてくれた

ああやっぱり、めっちゃ大きくなってんだ、あれ

 何というか……分体(こども)であるはずのメティーオなんて、洒落にならないレベルだろうな