スロット 以外 の 趣味

スロット 以外 の 趣味

私達は元々、魔物としての領域にそれぞれの城があるけれど、アルテアは人間の国にも自分の屋敷を持っているんだ」どうやって土地や屋敷を購入するのだろうと、この世界の不動産売買に詳しくないネアは首を捻った

あなたも好きかも:カイジ 利根川 パチンコ
財産の育て方に比較的柔軟なヴェルクレアでは、その手の仲介業者がいるのは知っているが、国によっては土地もみな領土の一部として厳しく管理されている

「その土地に何か由縁でもあるのでしょうか?」「いいや

単に、集めた品物を使いたいからだよ

庭も監修していた筈だ」「…………庭」ますます、アルテアのイメージから遠ざかってしまった

料理や庭いじりなどは、どちらかと言えばウィリアムの領分だ

「そういう趣味を持つならば、ウィリアムさんの方だと思っていました」「ウィリアムは、何でも自分でやる生活が元々好きだからね

あなたも好きかも:バイオ リベレーションズ スロット 強ベル
アルテアの趣味とは少し違うのかな」「わかるような気がします

料理で例えるなら、ウィリアムさんが普通のお塩なら、アルテアさんって、こだわった稀少なお塩とか使いそうですものね」「………ああ、成程」思わず頷いてしまったエーダリアだが、恐らく彼は料理すら出来ないだろう

見た目と総合評価でそう勝手に判断し、ネアは視線をケーキの箱に戻す

(私の料理レベルだと、下手したらウィリアムさんの方が上手なのかな)自分の食べたい範疇で、美味しいものが作れればいいのだ

手の込んだものは専門家に作ってもらえばいいので、ネアは特に修行などしない

あなたも好きかも:パチスロ 潜伏
プレーンなものは知っているので、変わり種のグヤーシュの作り方は何種類か学んだが、それはネアの魔物の餌のようなので当然のことである

「ディノはもういいですか?」「部屋にある一個で充分だよ」「では、私はこの林檎とシナモンのケーキを一ついただくので、計二個になります

無難そうなチョコレートケーキと、苺のケーキを料理人さんと給仕さんに差し上げるので、残ったものはみなさんで取って行って下さいね」あまり長々と選ばせても面倒なので、配布用をさっと取り上げると、ネアはケーキを箱ごと残した