海 パチンコ

海 パチンコ

(それなら、オッサンの中での大己貴命はどうなってんだろうな?)自分―――ルイと違ってグランドールが確りとしている為なのだろうが、儀式の衣装で大己貴命という神の力を体内に引き込んでいるのだろうが、"神"である方の部分を微塵も出していない

あなたも好きかも:八戸 パチスロ 優良店
それはアプリコットも同じで、こちらは久延毘古に加えて、神産巣日神という少名毘古那神の母親とも言える神の力を、彼女という器に納めている

だがこちらも、全く"神様"らしい部分を出していない

グランドールにしてもアプリコットにしても、あくまでも"神の力を借りる"という所に表現を留めている事を"余裕"で行っているようにも見えた

(オレには全く"仕組み"が分かんないしなぁ)ルイにしてみれば、言われた通りに儀式をやっていたならば"いつの間にか"自分の内側にいた少名毘古那神がいて、出てきたようなものだった

それは、数日前に"リリィを傷つける者は許さない"という、爆発的な感情とはまた違う力だというのは判る

あなたも好きかも:スロット モバイル抽選
あの時は、いつもはスカーフで隠している形になっている、項(うなじ)にある刺青が熱くなっていた

あなたも好きかも:パチンコ 器物破損 トイレ
(本当、オレって"自分"ってもんが判ってないよなぁ)ルイ・クローバーと名前が定まりながらも、グランドールの弟子という以外、存在をはっきりと証明する手立てがない

一般的な親を知らないし、家族だって知らない

けれどグランドールが経営している農場で働く、家族を持っている人々は大抵明るい顔で、仕事を終えて家族の待っている家に帰って行く、それを見るのは好きになった

加えて、それを"良いな"、"羨ましいな"という気持ちを抱くようになり、グランドールがそういった民の生活を作り支え、守りたい考えているのも、共に過ごしていくうちに判ってきた

自分を知る、判る事は、どうやらルイ・クローバーにとっては困難で難しい

少名毘古那神も、同じ

きっと大己貴命と国を造りながら、そんな風に感じていたのだろうと思う

けれども、そこまで自分を知りたいとも、思わないのだ

自分が消えたとしても、大己貴命が国を造って残ってくれたのなら自分の"証明"となってくれる

「違う、違う