緋弾のアリア スロット プレミア

緋弾のアリア スロット プレミア

ボーッとしているといきなり部屋のドアが開けられて襟に白いフリフリがついたやたら豪華な貴族服に縄が何重にも縛られた丸々と太ったおっさんがリビングに投げ込まれる

そのまま転げてソファの前まで来たおっさんと目が合ったので、顔をまじまじと見てみる

豊かな金髪は左右に分けられよく整えられている

あなたも好きかも:ダンジョン高校 ルーレット
猿轡のされた口の上についている口ひげも整えられて両端がピンっと立っている

ふむ……貴族だな

金持ちだわ

上級国民というやつだな

と思っているとドバッとライーザとアルデハイトそして、大老ミイとザルガスも入ってくる

さっぱり事情がわからない俺は間抜けな顔をしたまま「おお、ザルガス、ちょっと見なかったけど元気だった?」とりあえず挨拶した

あなたも好きかも:カジノ his
「おお、旦那ひさしぶりです……ザルグバインの大将はほんと惜しい人を……」と言いかけてザルガスは大老ミイと目を合わせて、「今はそんなことを言ってる場合じゃないんですよ」と転がった男を横目で見ながら、ソファに座り込む

アルデハイトも俺の隣に座った

黙って話を聞くようだ

「このライーザの姉御が、昨夜、中央山内の街々を見て回ってたそうです」と恐ろしい目で男を踏みつけているライーザを指差す