設定付 パチンコ

設定付 パチンコ

「……さて、長々と邪魔をしてしまったな

ここへ余が来た事、そして話した事

全て他言無用である

あなたも好きかも:和歌山 パチンコ 123 本店
なに、うまく誤魔化せとは言わぬ

あなたも好きかも:tsutaya オンラインゲーム(キャンペーン分)
巫女より習った通り、黙っておってくれれば良い

あなたも好きかも:水頭症 ブラックジャック
後は余が上手く揉消す故な

では、これで

よく休み明日に備えるが良い」「っ

き、貴重なお話をありがとうございましたっ! 魔王を討った暁には必ず王様に誇れる街を作って見せます

その時は是非…………是非アーヴィンへ視察にいらして下さい!」 あいわかった

と、王様は最後に笑顔を見せ、そしてドアノブの無い扉を開け出て行ってしまった

がちゃんと鍵がかけられた音がして、そこでやっと嵐のような騒動に幕が下される

僕もミラも未だ信じられないって…………いや、終わったからこそ信じられないって顔で互いを見合わせて、そしてそのままもたれあうように倒れた

「………………し、死んだかと思った…………っ

お前が暴走したらどうしようかって…………心臓ぶっ壊れたかと思った…………あー……まだバクバクしてる……」「……失礼な奴ね………………はぁ…………緊張した…………アンタなんて何も喋ってないんだから大して疲れても無いでしょ…………」 気疲れが凄いんじゃい