まどマギ 叛逆の物語 スロット 穢れ

まどマギ 叛逆の物語 スロット 穢れ

「どう、したの? ……感じが違う、って何?」「……いつもなら、ボンヤリですがそれなりにはっきりとしたものがあるんですけど、今回は……複雑です

……複数が絡み合っている、という感じでしょうか

的を絞れないんです」 何か重大な意味合いが含まれている、ということはわかるが、深いところまで探れない

弥生の話に顔をしかめて首を傾げた優樹に、立花は腕を組んでため息を吐いた

あなたも好きかも:リゼロ スロット エンディング 曲
「つまりだな、ジャックの件とは別のことが同時に起こり得るってコトだ」「……別?」 優樹は怪訝に瞬きを繰り返した

あなたも好きかも:セイクリッドセブン スロット
「別って……何?」「それがわからねぇんだとよ」 諦めに似た様子で鼻から深く息を吐いて隣の弥生に横目を向けると、弥生は不快になることもなく、顔をしかめている優樹に続けた

あなたも好きかも:gmo後払い ゲーム機
「何かとても大きなことが起きようとしているのはわかるんです……

けど、突き詰めようとすればするほど、違う何かが現れて、どれも繋がらないんです」「……よ、よくわかんない」 優樹は困惑げに呟いてためらい、二人を交互に窺った

「と、とにかく……、ジャック、っていうのは、私たちには関係ないんだよね?」 まずはそれが大事だ

クラスのみんなのチラチラと覗う視線も気になるし、ないならないで、「関係ない」と断言したい

 まず、そんな事件に関係があるわけなはいのだが

 しかし――「何かが関係しています……」 遠慮もなくサラッと答えた弥生の言葉に、周囲が「ほらぁーっ!」と、責めるような、呆れるような空気に変わり、優樹はポカンとした

 立花は「オレらは関係ねぇって」と、困った顔で尚も聞き耳を立てているクラスメートたちを見回し優樹に目を戻した