スパイダーマン2 パチスロ

スパイダーマン2 パチスロ

「う、ん、……なに……?」《……オレのこと、……どう、なのかな……》「……、え?」《その……、やっぱ……無理、かな? ……一緒に、いるの……》 ためらいながらも途切れ途切れで問う反町の声に、優樹はじっとベッドを見つめ、間を置いて悲しげに俯いた

「……どう、したらいいのか、……よく、わからない……の」《……、うん……》「嫌……なんだ、けど、……許せないん、だけど……、でも……」 優樹はナガレをギュッと抱いて、頭に顔を伏せた

「あのときは……、私も、駄目だ、って、思ってたとき、だから

だから……、流君が、何をしても、責めること、出来ないと思う、の……」《……》「嫌、だけど、でも……

前にも、言ったけど……、手紙にも、さよなら、って、書いちゃったし……

だから……どうしたら、いいのか……わから、なくて……」 優樹は途切れ途切れ、懸命に伝えながら息を震わせた

「でも……、流君が、傍に、いてくれると……嬉しくて

あなたも好きかも:大学生 パチスロ
……苦しくて

でも……、抱き締めて、くれると……安心、出来て……

でも……、どう、したらいいのか、わかんなくって……」 顔を伏せるナガレの頭に涙が染み込んでいく――

 優樹は肩を震わせ、鼻をすするとギュッとナガレを抱いた

「……っ……嫌、なの

……他の、人っ……、でもっ……、流、君のことっ……」《好きだよ》 優樹はピタッと、体の震えを止めた