スロット 吉宗 天井

スロット 吉宗 天井

基本はそれだ

だけど魔法にはそれ以外にも様々な発動手段がある」「魔法陣…………は違うね

むしろあれは魔力が豊富にあるが魔法の才が乏しい場合に向いている

あなたも好きかも:べら じ ょ ん カジノ
その逆となると……複雑な魔法を使う際に魔力変換式を難しく複雑で多彩にすることで変換率を上げる、つまりは儀式系の魔法か」「そうだ

詠唱だけの魔法とは違って儀式系の魔法はかなり複雑だ

自由に乏しい

特定の動きや特定の道具を用いて形を作らなければ使えない……冒険者の技は自分の持つよく使う武器を用いて、技に即した動作、攻撃方法を用いる

あなたも好きかも:聖闘士星矢 パチンコ ビヨンド
それらは特定の動きや道具を用いることとどう違う?」「…………なるほど

冒険者は自然と儀式系の魔法を行うための動きを身に着ける、ということか」 技は特定の動作、特定の武器を用いて発動する

それらは魔法においては特定の所作、特定の道具を用いる儀式系のものと似ているのではないか、そう考えられるものだ

つまり技とは儀式系の魔法である……そう考えられるが、そもそもその前提は少々奇妙に思える

なぜなら技を使える冒険者は魔法を使えないはずだから

まあそれに関して言えば儀式系の魔法が魔力が少なくとも発動できるようにするための物、と考えるならば確かにありえなくもないものである

だがそもそも魔法とはそう簡単に発動できる物だろうか? 公也は魔法使いの知識を得て、その経験も一緒に獲得したがゆえに魔法をあっさり使ったが、通常魔法使いでもない人間が一から学ぼうとするならばかなり大変なものとなる

技を使う冒険者は魔法使いではない

つまり魔法の会得の仕方などは知らなかったはずだ

「でも、彼らはどうやって魔法を学んだんだい? 技が魔法ならそれを会得する過程が必要になると思うけど」「……別に魔法は先人の知恵がなくても会得できると思う

じゃないと最初の魔法はどうやって得たのか、という話になる

戦いの中、魔力の動き、感覚的なもの、色々な物があって魔法使いでない冒険者も魔法の技術を得た