北斗の拳 攻略 パチスロ

北斗の拳 攻略 パチスロ

孤児院に放り込めば良いと言っていた自分の発言はすっかり忘れているようだが、もう言質はとったので、マインは通いで決定である

「それから、マインは虚弱なので、毎日のお勤めはできないそうですが、神殿の仕事と言っても青の巫女見習いがこなす仕事は多くないので、体調が悪い時に休んだところで問題はないでしょう」「ハッ、やる気が全く感じられんな」 何に関しても文句を付けなければ気が済まないらしい

あなたも好きかも:ドラゴンクエスト6 カジノ ds
わかっていたことなので、軽く肩を竦めて流しておく

「神殿内に病気を持ちこまれるよりは良いと判断しました

……それから、体調管理のための側仕えを付けることになりました」「必要ない!」 神殿長の言葉があまりにも推測した通りであることに、軽く溜息を吐きながら、私はまた準備していた答えを返す

「青の衣をまとう者に側仕えが全くいないのは、対外的に見目が良くありません

これは神殿長の面子に係わると思われます

……それに、今は灰色神官や巫女が余っているので、マインに引き取ってもらった方が良いと思われませんか?」「……なるほど」 青色神官は去っていったけれど、灰色神官はよほどのお気に入りを除いて、ほとんどが残されている

あなたも好きかも:ドキュメント パチンコ
青色神官の実家からの寄付も減った状態で、主のいない灰色神官や巫女ばかりがいるのは、出費がかさむだけという処置に困る状態なのだ

「それから、マインについて調べたところ、商業ギルドに工房長として登録されていました

あなたも好きかも:パチスロ まどマギ 終了画面
神に仕える者に金儲けの手段など必要ないと切り捨てるのは簡単ですが、工房を続けさせることで神殿が定期的に利益を得るのも、有益な手段ではないかと思います

どうしましょう?」「できるだけ、搾りとってやれ」「仰せのままに」 神官や巫女が少なくなったことで、自分が手に入れられるお金も減っている神殿長は、神殿の建前より実利を取った

マイン側から出された条件に全て許可が出たことに、そっと安堵の息を吐く

「とりあえず、神殿長の手を煩わせないように、マインの面倒は基本的に私が見ることにします