多摩センター パチンコ b館

多摩センター パチンコ b館

 耳を澄ます必要すらなく、聞こえてくるのは陸上部やアップを行う運動部の掛け声や吹奏楽部の演奏の音

 そんな青春の音をBGMにひたすらパソコンを打ち続ける僕は、一見すると人生の中で三年間しかない高校生活という青春を棒に振っているように見えるかもしれない

あなたも好きかも:バカラ カフェ
 でも、僕は彼らと同じように青春を謳歌していると自信を持って言うことができる

 僕も形は違えど、一つのことに真剣に取り組んでいるからだ

 ここは、旧書道室、現多目的教室

あなたも好きかも:オズ ワン スロット 設置店
普段は一部の授業でしか使われていないが、放課後には僕達文芸同好会の活動場所になる

 文芸同好会は、僕と幼馴染二人によって今年設立された

なんとか顧問を見つけることはできたが、部員が三人しかいないので部活に昇格させるためには、来年新入生を入部させなければならない

あなたも好きかも:パチンコ パーソナルシステム バイト
 人数が少ない文芸同好会だけど、その活動は他校の文芸部とほとんど遜色がないものだ

 小説を書いて新人賞に応募したり、小説サイトに同好会のアカウントを作成して小説を載せたり、俳句会を開いてみたり、リレー小説をしてみたり、TRPGのシナリオを一から作って遊んでみたり、部誌を作成したり……まあ、とにかく色々な活動を手探り状態で試している

 将来的には活動の方向性を決めていきたいけど、まずは色々なことにチャレンジしてみないとね

相変わらず速筆だな、翠雨(すいう)」 僕に声を掛けながら多目的教室(部室)に入ってきたのは狩野(かのう)照次郎(しょうじろう)

 身長192センチにもなる長身で大柄という恵まれた身体を持ちながらも、多くの運動部の勧誘を断って文芸同好会に所属している

 短髪のスポーツマンという見た目で、実際に見た目通り運動神経抜群にも拘わらず、文芸同好会を選んだ理由はよく分からないままだ