パチンコ 禁煙 福岡

パチンコ 禁煙 福岡

(……………家族、か)その言葉を噛みしめれば、満更でもないような不思議な喜びを感じた

ネアは、その輪の中にさらりとエーダリアも含めているのだ

「…………お前にとっての優位性は、変わっていっているのだとばかり思っていた」「…………私は、どれだけの人でなしだと思われているのでしょう?」「いや、あれだけ特等の生き物ばかり捕まえているのだから、欲は出ないのか?」「ではエーダリア様は、ノアと仲良しになってヒルドさんやグラストさんの大事度合いを格下げしますか?ノアはあんなボール大好きっ子でも、一応塩の魔物ですよ?」「するわけがないだろう」即答してから、ネアにとってヒルドはそういうものなのかと理解した

「………いや、ネイも友人であり契約相手にもなったのだから、彼が劣るという訳でもないのだが、やはり、ヒルドやグラストは付き合いが長いからな……」つい先程までこの執務室でお腹を出して寝ていた銀狐を思い出すと、少しだけ後ろめたい気持ちになってそう付け加えた

その言葉に、ネアはなぜか嬉しそうに微笑みを深める

「………お前は、ネイのことを大事にしているのだな」「ふふ、ノアは思考のどこかが私に似ているので贔屓目で見てしまい、幸せになって欲しいのです

あなたも好きかも:スロットマシン キャラクター
だからここで、すっかり末っ子のようになっているノアが、私は大好きなんですよ」「……塩の魔物が、末子なのか?」「ボールで遊んで欲しくて、口の周りをべたべたにしてご飯を食べている狐さんですよ?」「…………なぜネイは、あの擬態をやめないのだ?もう正体を隠す必要などないだろうに」それはずっと不思議なことであった

耳の後ろに毛玉を作ってブラシを咥えて走ってくる姿を見ると、狐姿でいることの不自由さが不憫になるのだ

しかしネアは、その質問にくすりと笑った

あなたも好きかも:009リサイボーグ パチンコ
「ボール遊びが中毒になっているのは勿論ですが、面倒を見て貰って、ただ守られるということの幸福感が堪らないみたいですよ」「塩の魔物が…………」「私も少し前までは、自分は随分と心の冷たい人間なのだと思っていました

自分自身や、その都合以上に誰かを慈しめるとは思ってもいなかったのです

でも、とても不思議なことに、今はあの困った魔物の面倒を見るのが大好きなのです

あなたも好きかも:ダイヤモンド・ボルテックス
そんな風にノアが見つけた思いがけない幸福の形が、狐さんなのではないでしょうか」窓の外で芽吹いたばかりだと思っていたら、いつの間にか豊かに茂っている若葉が揺れる

「………魔物というものは不思議なものだと、お前の契約の魔物といい、あらためて知ることばかりだ」「きっと、力があって美しくて手当たり次第だからこそ、無垢なままの部分や、得られなかった幸福もあるのでしょう」契約を結んだ際に塩の魔物が望んだのは、遊んでもらう事と、面倒を見て貰うことだった

友人としては延々とボールを追いかけている銀狐を見ると無性に悲しくなることもあるが、無邪気に楽しいと訴えてくる眼差しや、振り切れんばかりの尻尾を見ていれば、塩の魔物が幸福であることは疑うべくもない